ストライダーレース研究所(仮)さんのブログ - みんなのストライダー

ストライダーレース研究所(仮)さんのブログ - みんなのストライダー

ストライダーレース研究所(仮)さんのブログ

あやね0歳7ヶ月からスイミングスクールに通っておりますが、クロール、背泳ぎと一応25mは泳げるようになったものの、我が子をかなりひいきめに見ても、けっしてうまい泳ぎとはいえません(´・ω・`) 元スイマーのパパネとしては、小学校入るぐらいで4泳法余裕で泳げるぐらいの泳力は身につけてほしいと思ってたのですが、そんなレベルではありません。 駒込の金メダリスト輩出スイミングスクール出身のパパネ(実力は中の上から上の下ぐらいの中途半端なレベルでしたが(´・ω・`))としては、何年かかってこのレベルなんだ、とスイミングスクールのせいにしてしまいます。 週1回程度の練習なんで、進みも遅いというのはあるかも知れませんが、貴重な乳幼児期からスイミングに通わせてこんなもんなのか? ストライダーレースに打ち込んだあやねの体はスリムで体脂肪が少ないせいか、どうも他の子よりも体が浮きにくいような感じも以前からしておりました。  あやねは陸上系のスポーツのほうが向いているのかもしれません。 水泳はパパネの個人レッスンを市民プールでやることにして、長所を活かすべく陸上系のスポーツに力を入れていきたいと思います。  以上、半分は愚痴でスイマーせん m(__)m お後がよろしいようで。
ストライダーレースを卒業したあや姉ですが、あや姉の運動神経を活かすべくサッカースクールの無料体験に行って来ました!! 大宮のオレンジユニフォームのところです。小1クラスの体験は全部で8人。女の子はあやね1人です。 青のストライダーTシャツがはえます。 ネット越しのスマホ撮影は難しいです(´・ω・`) ミニゲームをやったりと、よく走り回ってました。 体験が終わってから、あやねに聞いたところ、楽しかった!やりたい!と言っていたので早速入会したいと思います。
羽生水郷公園でのタイプスピードさんの公開練習会に参加してきました! 朝が苦手なのか?健太郎、行きの車内で前回のソレイユRCSと同じように寝てしまいます。 とりあえずあや姉とパパネで練習会場へ向かいます。 巷をひそかににぎわせてる スリックタイヤを履きたいということで、現役選手の健太郎号とホイールごと交換。 6歳ガールズ組でコース練習。向かい風、わずかに登りのスタートコース。スリックタイヤのおかげもあってか?絶好調のあやねコーチ。春休みでありあまるエネルギーを発散できたみたいです(^^) 朝寝から起きた健太郎も練習会へ。練習会場へつくも、寝起き悪い王の健太郎は結局コースを走らず、一番最後の6歳クラス模擬レーススタートに強引に乱入。寝起きからスイッチが入るまでえらい時間かかります・・・(´・ω・`) 健太郎の練習にきたはずが、スリックタイヤの調子とあや姉の調子がすこぶるいいのだけを確認して会場を後にしました。 午後からは、自宅から近めのさいたま新都心のコクーンシティにてムラサキスポーツのストライダーイベントに参加。 健太郎の練習にはまだこのぐらいがいいのかもしれません。 そしてあや姉のパンプストレートコース。ギャラリーの方たちが、あの女の子すごいね♪と言ってくれるので、あや姉も気をよくして何回もやってだいぶうまくなった感じがします。 健太郎もあや姉を見てパンプを好きになったか、何回もやるのはいいが順番を待てない暴走特急ぶり。順番を待たせるのが大変です(´・ω・`) 何はともあれストライダーを1日楽しめた日でした。 練習会開催のタイプスピード様、ストライダーイベント開催のムラサキスポーツ様、ありがとうございました。
健太郎2歳3ヶ月にして初のRCSに参戦!朝早いけど大丈夫か!? ニュースリックタイヤを装着し準備はOK!な、はず! 果たして結果は!?2歳クラス健太郎結果です。予備予選 DNS本予選 DNSC決勝 DNS 9位 現地に到着15分前に車で寝てしまい、プロテクターをつけ降りると同時にスタート待機エリアへ。寝起き悪い王の健太郎はお気に入りのブランケットを抱きしめたまま抱っこをせがみ、そのまま待機。ストライダーに乗せようとしてもパパネかママネの胸に抱っこに戻ってきます(´・ω・`) チューチューゼリーを口にくわえさせてもストライダーのハンドルは握らず、とっておきの未開封のトーマスミニカを渡すとようやく少しだけ落ち着きますが、スタートのため手から取り外すとギャン泣き。 これにて本日終了(´・ω・`)本予選、C決勝に望みを託したもののスタート台でハンドルを握ることはなく、あやねの時にも体験したことのない、初の一回も走らない貴重なレースを体験しました。 今日はソレイユに何しにきたんだ?そうだ!公園があるからあやねと健太郎とママネで遊びに来たんだと思えばいい! とは思ってみたものの、う~んそれでいいのか? そうだ!あやねがいる。 レースに来たのに1回も走らないまま帰るのは忍びないので、卒業してしまったがあやねに頼めば走ってくれるかも💡、と頼んでみる。 パパネ「あやね、今日レース走らない?」 あやね「絶対に出ない!」 パパネ「そだね~。」 ママネのRFC出てみる?との提案により、健太郎も落ち着いてきたこともあり、エントリー。 なんとか機嫌もなおり、試走もそこそこ走るほど回復し、RFCの結果です。 1本目 6位2本目 7位3本目 5位スタート遅かったり、途中で止まったり急にダッシュしてみたり止まったり。でも、最後はいつものように笑顔でゴール!!健太郎はまだ2歳だからこれでいいのだ  |:3ミ そしてあや姉のありあまる遊びたい欲を満たすため、ソレイユの丘公園へ。キャベツ畑。 トーマス大好き♪ほんとはトーマスのとこ乗るとこじゃないんだけど・・・。あや姉も元気に遊びます♪女の子ですが、なかなかのわんぱくっぷりです。 こんな乗り物にも乗ってたみたいです。 そして、健太郎はベビーカーで3時間寝ました。 今回は、まさか1本も走らないとは予想しておりませんでした(´・ω・`)でもまあ、2歳なんでしょうがないでしょ。 もうちょっと早く会場について準備するなど、いろいろ反省はありますが、まだまだこれからです。 レース運営の皆様、サポートの皆様、選手の皆様、ありがとうございました。
この記事に関してはしっかりとブログを書こうと思いましたが、明日RCSのため、簡単にサクサクッと行ってみます!! 待望の世界初ストライダー用スリックタイヤがはなまる輪業さんからついに発売となりました!前回テストの模様はこちらニュータイヤテストに参加! https://ameblo.jp/fukuyutapan/entry-12358492028.html ということで、前回は試作品ながらも驚異の145gのスリックタイヤをテスト! 初期加速はよかったものの、コーナーリングの接地感がイマイチ!?だった感があり、今回改良されたものがついに発売となりました! 重量はこれ193g!! 前回の145gからは重量アップですが、現在市販のストライダータイヤでは最軽量!! 写真はこれ↓ホイールに組み込んでないのでこんな感じです。 前回テストタイヤと比べ、サイドのがわの部分が少し厚くなり、コンパウンドを乗せた厚みのある部分を左右に拡げ、肘すり膝すりライディングのような倒しこみにもしっかりとコンパウンド部分で接地できるようになりました! 前回よりサイドもしっかりした感じがし、安心感のあるタイヤといった印象です。HS-140とスリックタイヤの比較。 ホイールにはめてみて、直径比較。HSよりやや大きめ。 太さは、だいたい一緒ぐらい?スリックのほうが膨らむのか?ややスリックが太いかも。 今回、みそらマシンに装着。斜めから、こんな感じ。 テストライダーのあやねのマシンに装着。こんな感じ。後ろから見るとスリックがいかにもレーシングタイヤっぽくてカッコいいです! 軽量DUROと比較。太さは大体一緒ぐらいか? 外径はスリックのほうがやや大きい。 ビッグアップルと比較。外径も太さもビッグアップルよりはやや小さめ。 今回のテスト内容は主にコーナリングを見るために、直線からの短め複合ヘアピンをやりました。 直線番長のドゥカティあやねコーチですが、チームメイトのみきちゃんにはいつもコーナーで差を縮められてましたが、今回は全く追いつかれず。相変わらずとくに倒しこむような走りもしませんが、コーナー抜けるところで減速せずスムーズに立ち上がってく感じがします。既存のタイヤでは、コーナーでグリップさせるため空気圧を下げ接地面積を増やすというのが一つのやり方でしたが、今回のスリックタイヤは規定の最高圧推奨。コンパウンドもやわらかいのでキッチリ路面をくってくれます。 今までは面で地面をとらえてたものを、今度は点で地面でとらえてくれます。コーナリングでタイヤが面で接地すれば摩擦抵抗が増えスピードが落ちます。点で地面をくってくれれば抵抗は小さくスピードを落とさずにコーナーを抜けて行くことができます。 転がり抵抗も小さく、コーナリングでスピードが落ちにくい! これこそがこのスリックタイヤの最大のメリットだと考えてます。 競技自転車出身のはなまるさんはストライダーのタイヤはままチャリみたいなタイヤしかないので、スリックタイヤを自分で作ってしまおうという素晴らしい実行力の持ち主肝っ玉母さんです(^^) このスリックタイヤは、ママちゃりから初めてロードバイクに乗った時に、少しこいだだけで永遠に転がり続けるんじゃないか!?というあの感覚に近いものを感じられるんじゃないでしょうか? 2歳健太郎にこのスリックタイヤをはかせてみたところ、よく転がるせいか?地面を蹴らなくなりステップに両足を乗せるということを覚えてしまいました(^^;) あとは、実戦で使ったときにどういう結果が出るか?楽しみです。 もう少し書きたいこともあったのですが、夜もふけてきて明日健太郎RCSなので今日はこんなところで・・・。 と、忘れておりました。 このタイヤの入手方法は、明日3/31(土)RCS横須賀ラウンドにて朝9時からはなまる輪業ブースで、初回35セット(前後2個分で1セット)販売するそうです。次回入荷は4月の半ばということです。 詳しくははなまる輪業さんへ。はなまる輪業 それでは 皆様、よい週末を!
桜も咲き始め、モトGPも開幕、プロ野球も開幕、ストライダーレースもいよいよ快適なシーズン到来!ということで、パパネが本屋で見つけた言葉があったので載せてみました。 大事なのは、勝ちたいという気持ちではない。 それは誰でも持っている。大事なのは、勝つための準備をすることだ。                 ポール・ブライアント 皆様、レースを楽しむ準備はできましたか?それでは、よい週末のレースを(・ω・)ノレディ、セット、ゴー!!
健太郎マシンのハンドルを変えました。ダディラボのアルミのライザーバーから、カーボンのライザーがやや少なめのハンドルに変更です。 ダディラボ ライザーハンドルから↓  ↓  ↓カーボンライザーハンドルへ 上斜めからストライダー乗りたての頃の健太郎の体にグリップ位置を近づけようと、あやねが使っていたダディラボのややライザー長があるハンドルを使用してましたが、高さが出てしまったりポジションがうまく調整できなかったので、ハンドルを変更しました。アルミからカーボンなので軽量化にもなってます。これにはチャンプグリップと購入済みのODIグリップエンドを使用しています。グリップエンドと言えば、吉田モールディングさんからエンドキャップが発売されました。チャンプグリップとも合わせやすい相性バッチリなエンドキャップです。詳しくは、Produced byはなまる輪業さんへ。ステマです(笑) ストライダーの扱いもだんだん慣れてきた健太郎には、ハンドル変更も合っていたようで乗りやすそうに乗っています。
日本最大級のアスレチックを誇る清水公園の第5駐車場で行われた第1回KBC関東地区大会! 前日の天気予報では冷たい雨。当日朝は降ってませんでしたが、レースが始まる頃には予報どおりしっかりと降ってきました(´・ω・`) 健太郎初のウェットコンディションでのレースです。健太郎2歳ボーイズクラス結果です。予備予選 2位本予選 3位A決勝 5位予選、決勝ともあまりいい反応ではないスタート。その後はよそ見しながらも、順位が大きく変わることもなくゴール。ママネに手を振る健太郎選手 雨の中、レースが始まると終始ニッコニコで走る健太郎。冷たい雨が降りしきる中しっかり走ってくれるか?という不安よりも、雨の中ぐずらずにスタートまで待っていられるかが課題でした。 今後の課題はスタート、そしてレースが始まるまで待機エリアで順番を待てるかどうかです。スタート台に着けないと健太郎ごねてひっくり返って泣き始めます(^^;) まだまだレースの走りではないですが、コースを走ってる時はとっても楽しそうなのでこれでいいでしょう♪主催の皆井様、サポートの皆様、選手の皆様、寒い中ありがとうございました。
幼少期の運動能力は、健太郎が産まれる前までは女の子と男の子はそれほど差は無いだろうと思っていました。 しかし、赤ちゃんの頃からあやねの脚をマッサージしていましたが、健太郎と比べるとやわらかい筋肉です。 というか、健太郎をマッサージした時に筋肉がかたい、詰まっている、重い、と言った印象でした。 他の男の子を指導する時に脚を触ったり、高い高いでぶん投げたりして遊んでる時も、筋肉がずっしりしていて重い!かたい!といった印象を受けたこともありました。あやねも3歳ぐらいまでは、男女混合レースでもそこそこいい成績を残せたのですが、4歳後半ぐらいからは男子の実力が急激に伸びはじめ、5歳になると覚醒したように速くなる男子がたくさん現れ、なかなか男子のトップクラスにはついていけなくなりました(´・ω・`) この理由の一つに、男の子と女の子は筋肉の違いがあると感じました。 遊び方一つを見ても、一つのことに集中して遊んだり、ミニカーやトーマスのプラレールを並べて眺めてみたりと一人で遊んでるのをよく目にします。対するあやねはと言えば、かまってかまってと一人で遊ぶことは極力しません。 やはり女の子と男の子は違う生き物?というか、脳からして違うんだなと思いました。レースに置いても、コーナーではどうぞどうぞとセーフティライドになりがちな女の子。おれがおれが、と体をぶつけていってでも前に行きたい男の子。一概に全員が当てはまる訳ではありませんが、一般的にそういう傾向にはあると思います。あやねはレースを卒業しましたが、女子持ち親としては、できるだけ女子クラスを設けていただけると非常にうれしいものです。
健太郎第7戦目 あやねが3歳で初優勝を飾ったはらっパークの大会。健太郎もここでひとつ好成績を残したいところ。結果はいかに!?健太郎2歳ボーイズクラス 結果です。予選 5位ぐらい敗者復活 5位か6位ぐらい2歳クラスはスタートしてからUターンで帰ってくるショートコース。以前、練習ではあや姉とこのはらっパークフルコースを走ってるので大丈夫だろうとたかをくくっていました。 予選スタートから2位で抜け出し快調に走っていましたが、コーナーを曲がり終えたところで急激ストップ!ストライダーをパタンと倒してその場を離れようとするので、何とか再び乗らせて再スタートさせるも最後尾でゴール(´・ω・`) 敗者復活予選の時のような急激ストップは避け、準決勝にこまを進めたいところ。スタートから快調にとびだし、2位以下に圧倒的な差をつけながらコーナーを曲がったところで後ろを振り返り、 またしても急激ストップ!ストライダーをパタンと倒したところで、2度目のストップにごうをにやしたママネはおにの形相で一喝。 健太郎はギャン泣きでマシンを残したままコースアウト。 健太郎のストップに何事か?と後続集団もストップ。いかにも2歳らしい光景です(^^) 敗者復活3位以内の希望を僅かに残したまま再び走らせようとするもライバル達は続々ゴール。 健太郎は男の子としてなんとしてでもDNFだけは避けたいと思い、コース内で走るように促しながらなんとか自走でゴール。 予選、敗者復活ともにコーナー曲がるまではいい走りをしていたのに残念です(´・ω・`) ゴール位置を把握してなかったのか?スタートから無酸素運動で力尽きたか?今の健太郎に聞いてもよくわかりませんが、まあ2歳なんでこんなもんでしょ。 総評ここのところレース会場にギリギリで到着で試走ができていないことが多く、今回も試走なしがレース結果につながったか!?レース前にコース外を走りすぎて疲れたのか?レース前にはすでにストライダーを倒し、パパ抱っこ~、の様相。 芝はおそらく軽いEVAタイヤのほうがいいと判断し、今回はエンジョイ仕様のEVAタイヤのまま参戦しました。走り出しの加速と蹴ってるあいだはスピードが出やすいものの、転がり抵抗と転がり続ける能力がレース用ホイールゴムタイヤに劣り、2歳児健太郎の体力が持たなかったとの見解に達しました。 なかなか思うような結果は得られませんが、まだ2歳前半なのでまだまだこれからです。 レース運営の皆様、サポートの皆様、選手の皆様ありがとうございました。

Tags

Ranking

1位LAGP 2018~2019 Champions Series@大阪 チーターズのストライダー活動日記
2位スーパーランバイク選手権プレ大会 組分け表 スーパーランバイク選手権
3位2018/04/22 第1回 HRP 結果 子どもと私のストライダー日記
4位追加エントリーのお知らせ RCS – 全日本ランバイク選手権シリーズ
5位5/5.5/6キッズバイクレース 現在のエントリー人数は? キッズバイクカーニバルのブログ
6位新商品>「X-WHEEL PRO」発売のご案内 DADDYLAB RELEASE
7位みなさんおはようございます、実行委員会です MRBC みやびランバイクカップ実行委員会 ~こどもの可能性は無限大∞~
8位勝ち上がり表間違いの修正とお詫び スーパーランバイク選手権
9位スーパーランバイク選手権プレ大会のタイムスケジュール スーパーランバイク選手権
10位5/5.5/6キッズバイクレースの賞品は豪華!参加者全員に賞品あり! キッズバイクカーニバルのブログ

4/24 00:00 更新

Twitter

ツイッターで新着記事をツイートしてます。ご意見・ご感想やアイデアなども随時募集中!

Link

あなたのブログでぜひ「みんなのストライダー」をご紹介ください。詳しくはこちら

みんなのストライダー

Thanks to

top of page