ストライダーレース研究所(仮)さんのブログ - みんなのストライダー

ストライダーレース研究所(仮)さんのブログ - みんなのストライダー

ストライダーレース研究所(仮)さんのブログ

前日のはらっぱーくで意気消沈のパパネ。パパネが気合いを入れようが大きな希望を持とうが結果こそ実力。現実から目を背けては成長はない。 何かをなしとげるためには「現実を受け入れ、現状を打破せよ。」 ということで、とくに結果を期待することなくレースに挑みました。 早速結果です。健太郎2歳クラス予備予選 4位本予選 3位A決勝 5位今回はコースランに慣れるため、レースでバテたとしてもレース前の試走はやや多めに走りました。 予備予選スタート出遅れ、途中抜いたり抜かれたりと2歳ならではのデッドヒートを繰り広げ、ゴールラインギリギリで抜かれ4位。 本予選そこそこのスタートで1コーナー3位で通過。3コーナーヘアピンで2位に浮上。必死に声かけをするママさんをニッコニコしながらガン見したためにコーナー膨らみ3位。ゴール前ストレートで足が止まり完全ストップかと思いきや、パパネの叫び声が聞こえたか再び走りだし3位でゴール。久々のA決勝へ。 A決勝さすがにA決勝、みんないいスタートをきり、健太郎最後尾スタート。スリックタイヤの転がり抵抗の少ないメリットを最大限利用した地面をほとんど蹴らない走法で5位入賞。久々のA決勝に少しだけほっとしたパパネでした。レースで上位に入るためには、とにかくコースを走るしかない、練習あるのみ。午後の部のフリー走行で4歳以上に混じり練習です。 あや姉コーチも健太郎のために一緒に走ります。 もう練習するしかないんだなぁ。 運営の皆井様、サポートの皆様、選手の皆様ありがとうございました。
今回の大会のために、事前に足を運び練習も費やし準備は万端!?ではないが、やらないよりはまし。といったところで、早速結果です。健太郎2歳ボーイズ結果です。予選 2位準々決勝 4位予選。スタートそこそこながらもそのまま走りきり2位。 準々決勝。スタートやや出遅れ唯一のコーナー、1コーナーヘアピンを3位で突入するも、BMXのバームを攻めるかのように大外を周り4位。準決勝枠の3位以内を逃し敗退(´・ω・`)速いとか遅いとかいう問題ではなく、レースとは何かというのを理解するのにまだまだ時間がかかりそうです。 大会運営の皆様、サポートの皆様、選手の皆様ありがとうございました。 最後に健太郎の新幹線モノマネ。「ドク、イエロー、みて」と、ドクターイエローのモノマネです。けっして目つきが悪いわけではありません。レースでも新幹線のように速く走ってもらいたいパパネでした。
View this post on Instagram はらっぱーく宮代でストライダー練習。 スタートとゴールの位置が今までとは逆。ゴール前僅かな上りで、重たい芝コースがさらにスタミナコースに(´・ω・`) 短期集中型のスプリンター健太郎選手。練習もすぐ終えます。 #ストライダー #ストライダーレース #ストライダー練習 福田裕さん(@papanetaro)がシェアした投稿 - 2018年Oct月2日pm8時34分PDT
久々にはらっぱーく宮代で練習。あやねコーチに健太郎の伴走を頼むつもりでしたが、あやねコーチのストライダーを車に積み忘れたパパネ(´・ω・`) 16インチストライダーをレンタルし、あやねコーチとパパネで健太郎を走らせようとするも、2歳の自由人を代表する健太郎。 そんなには走りません。 はらっぱーくの重たい芝コースをしっかり走れば強くなれる。 そんな思いで来たものの、やはりこの美しく重たい芝コースを2歳の自由人は何回も走ることはありません。コースのロープに停まったトンボを見つけストップ。飛んでくトンボを見つめる健太郎。 2歳だからこれでいいのだ  |:3ミ
先日那須ストライダーエンジョイカップの帰りに、相田みつを那須ギャラリーに行ってきました。 どれも感慨深いみつをパイセンのお言葉ばかりでしたが、ストライダーレースに参加するパパさんママさんには読んでいただきたいと思い紹介します。 負ける練習受け身・負ける練習 柔道の基本は受け身受け身とは投げ飛ばされる練習人の前で叩きつけられる練習人の前でころぶ練習人の前で負ける練習です。 つまり、人の前で失敗したり恥をさらす練習です自分のカッコの悪さを多くの人の前でぶざまにさらけ出す練習それが受け身です。 長い人生にはカッコよく勝つことよりもぶざまに負けたりだらしなく恥をさらすことのほうがはるかに多いからです。 ~以下省略~相田みつを 一生感動一生青春より レースの世界は勝者は一人。ほとんどの人は負けです。産まれてから転ばずに歩けるようになった人はいません。何かにチャレンジすれば失敗はつきものです。負けたとしても大けがをすることなく、そこでまた立ち上がる術を人生では身につけたほうがいい、負けこそ立ち上がるための練習だと、みつをパイセンは言っているように思えます。 プロ通算安打4367本を打ったイチロー選手も、1412回三振をしております。三振を失敗として捉えればイチローも相当な数の失敗をしております。成功の影には失敗や負けはつきものです。 負けをおそれずに子どもの成長を楽しめたらと思ってます。 でもやっぱり自分の子どもには勝ってほしいんだなぁにんげんだもの            ぱぱね
健太郎23戦目。早速結果です。健太郎2歳ボーイズクラス予選 3位準決勝 6位ゆるやかな芝生のダウンヒルコース。芝生で体力を奪われないよう試走なし。パパネの抱っこでコースの下見だけ行いました。 予選スタートはよくないが、ゴール前で何人か止まっておりその間になんとか3位に滑り込み準決勝へ。 準決勝アウト側2レーン目のスタート。コールがかかるも後ろを向いてハンドルから片手を放したりとスタート出遅れ。ほぼ最後尾からいつの間にか順位をあげ、ゴール前ストレートで一度は決勝進出圏内の5位になるも、ゴールライン5cm差でかわされ6位で準決勝敗退。 なかなか思うようにはいきません。 これがストライダーレースです。 葛西臨海水族園のマグロのように、健太郎には無心で走ってもらうほかありません。 マグロが無心かどうかはさだかではありませんが、、。 レース後、健太郎にコース練習をさせましたが、コースに慣れてきたせいか早い早い。下りメインのコースなので試走は何回かしておいたほうがよかったかもです。ここのところ全く奮わないので、壮大なる結果は求めておりません。本番疲れたとしても、練習になるので今後は試走をたくさんさせたいと思います。 いつも心あたたかいスタッフ様方のおかげで、こんな結果でもやはりまたシーサイドライダーズカップには出たいと思います。 運営の皆様、サポートの皆様、選手の皆様ありがとうございました。
健太郎22戦目。同日にRCSが行われているせいか、2歳少なめ8人のエントリー。月齢2歳8ヶ月ながらも2番目の若手。ここのところなかなかいい成績が残せてないのでとくに期待せず参戦。 早速結果です。健太郎2歳クラス予備予選 2位本予選 4位B決勝 2位 予備予選。そこそこいいスタートながらもトップはとれず、1コーナー2位でそのままゴール。 本予選。4人中上位3人がA決勝。とりあえずA決勝には残りたいところ。スタートでとなりの選手からやや遅れ、両足あげ走行をしながら1コーナー3位で通過。2コーナーヘアピンを曲がったところで2位の選手が転倒。すかさず健太郎が立ち止まり「だいじょうぶ?」と声かけ。すぐさま立ち上がって走り出した選手を見届け、自らはゆっくりとゴール。 B決勝。2人での対決。ホールショットをとり、これは1位かと思いきや、3コーナーヘアピンを回ったところで急激ストップ。その間に抜かれ、途中ビデオを撮るママネにニコニコカメラ目線を向けゴール。コースに転倒者がいると止まる、コースに鳥がいると止まる、何もなくても急に止まる。 魔の2歳児とはまさにこのことです。 おまえはやさしすぎるからだめなんだ、とどこかのアメフトコーチみたいに説教するわけにもいかず、どこかの体操コーチのように頭がふっとびそうになるくらいひっぱたくわけにもいかないので、健太郎の成長を待つしかないと自らに言い聞かせるパパネでした。 せっかく来たので終わってからコース練習。マーカーコーンのコースだと全部つっきってしまうのでバーでできた実戦コースはありがたいです。あやねコーチと一緒によく走りました。 レース中とまらなければそこそこ走れると思うんだけどまだまだだなぁ。 レース運営の皆井様、サポートの皆様、選手の皆様ありがとうございました。
健太郎20・21戦目。 昨年のあや姉の卒業エンジョイカップから早一年。あや姉は昨年ガールズトップ賞をいただいたので、今度は健太郎が!という期待に胸を膨らませ、いざ那須どうぶつ王国へ!早速初日結果です。予選 1位準決勝 6位 予選はスタートから独走体制をつくるも、折り返してからストップ。そこで一人抜かれるも、ゴール前で抜き返し予選を1位通過で準決勝へ。 準決勝は疲れたのかサドルの高さを少し下げたのがいけなかったのか、ピョコピョコ走りでスピードが出ず6位。 予選1位通過だっただけに残念でした。レース後は、サブコースで翌日に備えて練習です。 2日目結果。予選 完走敗者復活 スタッフさんのサポートによりゴール。初日の2歳クラスはなんとか天気がもったものの、2日目は朝からあいにくのぐずついた天気。ぐずついた天気と慣れない泊まりで丸1日も出てなかったせいもあってか、健太郎の天気も雨模様。 予選はぐずぐず状態の健太郎をなんとかたしなめスタートするも、足場の悪さに泣きながらピョコピョコ走りでなんとかゴール。 敗者復活戦。泣きながらなんとかスタートするも2歩でたちどまり、その後やさしいスタッフさんに最後まで背中を押してもらい、途中ぬかるんだところでは両足を上げながらゴール。スタッフさんありがとうございましたm(__)mん~、2歳はまだまだ難しいです。 レース終了後、相田みつを那須ギャラリーへ行ってきました。写真も何もとってこなかったのでホームページから拝借した画像はこちら。車中で昼寝中の健太郎とママネを残して、あや姉と二人で行ってきました。 みつをパイセンの含蓄のあるふか~いお言葉ばかりでしたが、全く興味のわかない6歳あや姉を連れてったので、相田みつをを速読するという荒業をつかい、3分ほどの滞在であや姉に手を引っ張られながらギャラリーをあとにしました。 にんげんだもののみつをパイセンに感化されたので、パパネも一言。 走らなくたっていいじゃないか2歳だもの                 ぱぱね みつをパイセンの深いいお言葉見つけてまいりましたので今後紹介したいと思います。 レース運営の皆様、サポートスタッフの皆様、選手の皆様、ありがとうございました。
遂に本家ストライダーからもフルカーボンストライダーが発売されるのか!?こんだけのPV作っといて販売しないってことは、ないと思いますが、日本での発売はいつ!?価格は!? 総重量は!?本家ストライダーカップには出れるのか?エンジョイカップは?ストライダーハンドルガタ問題の対策は施されているのか!?などなど、疑問がつきません。 また、実際のレースでカーボンストライダーはどれぐらいの優位差が出るのか? カーボンストライダーがレースに出るのを考えると今からワクワクしてきます。 ストライダーST-Rとはどんなか気になっている最中、今度はまた違うカーボンランバイクのPVが!パパバイクプラス製カーボンバイク こちらもフルカーボンなのか?総重量2.1kg!? おそらく剛性を高めるためにデザインしたであろう立体的なフレーム。R一サドルを思わせるやや前上がりで細身なサドル。(サドルだけでもほしいです。)ハンドル位置を低くおさえるためのステムを選択するところなど、ランバイクレースマニアの心をくすぐるとこだらけです。 とまあ、ここまではPVを見ただけの私の感想で、実際の知り得る情報はほとんどなく、価格もいつ発売されるかも、実際に発売されるのかすら全くわかっておりません(´・ω・`) 誰か知ってる人いたら教えて下さい(´・ω・`;) しっかし、いくらすんだろうなあ?リアルガチなところ、それが一番気になります。
健太郎19戦目。 夏休みということで前日からお泊まりでエンジョイカップ黒姫高原に参戦! 高原なので涼しいかも、と予測するも、やはり今年の猛暑で黒姫高原もなかなかの暑さ(´・ω・`) 暑すぎる夏で練習もしていないが、果たして結果は!?健太郎2歳クラス結果です。試走 完走(2回転倒)予選 DNS敗者復活 DNSスキー場ゲレンデ斜面に作られた芝コース。 ノリノリでスタート練習に向かうも、傾いた斜面でスタートと同時に斜面谷側に向かって行き転倒(´・ω・`)スタッフさんに抱えられ泣きながら再スタートを切るも、ヘアピンUターンで再び転倒。再スタートを切り、泣きながらゴールまで一人で完走するも、その後ストライダーにまたがることなく終了(´・ω・`) 今日は旅行に来たんだと、ママネとパパネで再確認をし、この日のレース会場をあとにしました。 あや姉もこの暑さである。健太郎も暑さで集中力を欠いたか? せっかく旅行に来たので、チビッ子忍者村へ!車で昼寝に入ってしまった健太郎とママネを残し、あやねとパパネで忍者村のアスレチックとスタンプラリーに。ワンピース少女が快活にアスレチックを制覇してきました。 昼寝から目覚めた健太郎とママネも合流。忍者村というだけあって携帯電波も届かないとこでしたが無事合流できました。 からくり屋敷では、今日のレースを思い起こさせるこの傾き(^^;) レース前日の野尻湖の遊覧船にて。 そんなこんなで楽しい旅行でした。 レース運営の皆様、サポートの皆様、選手の皆様ありがとうございました。

Tags

Ranking

Twitter

ツイッターで新着記事をツイートしてます。ご意見・ご感想やアイデアなども随時募集中!

Link

あなたのブログでぜひ「みんなのストライダー」をご紹介ください。詳しくはこちら

みんなのストライダー

Thanks to

top of page