ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイトさんのブログ - みんなのストライダー

ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイトさんのブログ - みんなのストライダー

ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイトさんのブログ

ベストレースTOP3 vol.2 芳山兄弟=リクミナ - ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイト
ベストレースTOP3とは? ランバイク選手とそのご家族に、過去のレースをご自身でランキング化して頂き、上位3レースを発表するインタビュー企画 次にインタビューを受ける選手は君だ!   兄:芳山 陸(ヨシヤマ リク)選手 RCS2018年間ポイントランキング12位(第6戦終了時) 最高順位:2位(第5戦)   弟:芳山 湊(ヨシヤマ ミナト)選手 RCS 2018年間ポイントランキング1位(第6戦終了時) 最高順位:優勝(第3,4,5戦) 2012年5月1日生まれの双子、芳山 陸・湊 = リクミナ。 近々のレース結果を見るとミナト選手の方が運動神経が優れているようにみえるが、実は逆で、縄跳び・体操・サッカーなどなんでも上手にこなすリク。慎重で怖がりだが、努力家のミナト。そんな二人の特徴をしっかり把握し、二人の長所を考えながら見守る母親の朋美さんも実は双子姉妹。スポーツ万能、スポーツ好き両親のもとでスノーボードなど様々なスポーツに触れながら過ごす2人。 日本スポーツ界の次世代双子スターはリクミナかもしれない⁉︎ 第3位 2017年12月23日 CENTRAL RIDERS CUP5 5歳クラス リク選手:B決勝1位 ミナト選手:A決勝5位 リクミナそれぞれが順当に勝ち進むことで、同ヒートになることはこれまでも多くあったが、この日は本予選で二人が同ヒートに。しかも2UPの厳しい条件の中、二人と同ヒートに明らかに格上選手が一人。残り1枠を争い、勝ち上がったのはミナト選手。その横で泣き崩れるリク選手。 「こんな時、どう声をかけてあげたら良いか未だに答えが見つからない」 双子の親として、幼児スポーツであるランバイクレースにチャレンジする難しさを感じる一言だ。 最終結果は、リク選手は、その悔しさを晴らすような走りでB決勝1位。ミナト選手は、クニタテワク選手など日本トップ選手が勝ち上がったA決勝で5位。   2UPの本予選で同ヒートになり、どちらか1人しかA決勝に進むことが難しいレースの中で、互いに負けまいとする姿がみられた思い出深いレースとして、本予選のレースを3位に選出。 第2位 2017年12月3日 全日本ランバイク選手権シリーズ2017 第12戦 5歳クラス リク選手:A決勝4位 ミナト選手:A決勝6位 リクミナ約1年半ぶりのダブルトラック表彰! 3歳クラスのラスト、2016全日本ランバイク選手権シリーズ 第5戦以来の2人揃ってのトラック表彰は、5歳ラストに向けてのターニングポイントとなったレースに。リク選手は11グリッド、ミナト選手は大外からスタートし、得意のスタートが決まったリク選手が4位で第1コーナーを通過。8番手・9番手を走行していたミナト選手も、ゴールまで足を止めることなく貪欲に前を追い、6位まで順位を上げてゴール   ずっと手の届かなかった選手達に競り勝ってのダブルトラック表彰は、努力すれば、きっともっと上を目指せると確信を持たせてくれたレースとして2位に選出。 第1位 2018年5月1日 全日本ランバイク選手権シリーズ2018 第5戦 5歳クラス リク選手:A決勝2位 ミナト選手:A決勝1位 リクミナ、1.2フィニッシュ! スタートから飛び出したのはリク選手。 直線後半伸びたのはミナト選手。 2人が並んで第1コーナーへ。 2人揃って表彰台に乗るという、目標が叶う瞬間までのカウントダウンが始まり、第3コーナー、第4コーナー、最終コーナーとほぼ同じラインを2人は駆け抜け、ついに目標達成のゴールへ。   【努力は裏切らない】 努力をすれば必ず結果が出せるわけではない。だが、努力をすることで得られるものが必ずあり、その得られるものがこれからの長い人生の糧になるということを2人に結果を伴ってと伝えられたレースとして第1位に選出
RB.ch厳選!ベストレースセレクションvol.4 第8回ワイルドランナー 3歳A決勝 - ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイト
RCSチャンプ2人のデッドヒートは必見!! vol.4は3歳クラスのレースから。 後のRCSチャンプの二人が抜け出したレースは最後の最後までもつれる展開に。 小さなお子様を育てているパパ・ママに是非届けたいレース。   ランバイクを全てのスポーツの始まりに。
レジェンドライダーに聞く vol.1 高平 理智選手 - ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイト
レジェンドライダーに聞くとは? ランバイクレースで優秀な成績を収め卒業していった選手たちへのインタビュー企画。ランバイク後の活躍や現役時のエピソードなど、ランバイクファンなら気になる話をお伝えしていきます。 ランバイクレース主な経歴 ・全日本ランバイク選手権シリーズ2013 2009年生まれの部 年間3位(11戦、12戦優勝) ・全日本ランバイク選手権シリーズ2014 2009年生まれの部 年間5位(12戦優勝) ・ストライダーカップ ワールドチャンピオンシップ2014 準優勝 ・全日本ランバイク選手権シリーズ2015 2009年生まれの部 年間4位(9戦、11戦優勝) ・全日本ランバイク選手権シリーズ2016 2009年生まれの部 年間3位 ・全日本ランバイク選手権シリーズ2017 2009年生まれの部 年間4位 ポケットバイクレース主な経歴 2015 ・サーキット秋ヶ瀬 年忘れチャレンジカップ:バンビーノ2位 2016 ・サーキット秋ヶ瀬 16全国/MFJ親子バイク杯:74Daijiro(上級者クラス)8位 ・千葉北kids選手権クリスマスカップ:74ビギナークラス(中級クラス)優勝 他入賞多数 2017 ・サーキット秋ヶ瀬 ラウンド1:フレッシュマン(中級クラス)優勝 ・RIDING SPORT CUP 千葉北kids選手権Hiroko杯 第6戦:74エキスパートクラス(上級者クラス)2位/オープンクラス(他車混走)6位 他入賞多数   Q1.ランバイク後の進路は? ポケバイ   Q2.将来の夢は? 世界選手権MotoGPチャンピオン   Q3.ランバイクを始めたきっかけはなんですか?(乗り始めた年齢、きっかけ) 2歳前のクリスマスにプレゼントに。当時ツインリンクもてぎなどで商品としてのランバイクを見たことがあったことが購入のキッカケに。   Q4.初めてランバイクに乗った時の様子は? 2歳前での購入でしたので、乗るというよりよちよち歩きでした。   Q5.ランバイクのチームに所属していましたか? LINO KEIKIというチームに在籍していました。チームの立ち上げから関わらせてもらい、いつの間にか一番の古株になっていました。   Q6.ランバイクレースに初めて挑戦したのはいつですか?    当初購入したのがストライダーではなかったためレースの存在は知っていましたが出られるものがなく、茂木でのレース観戦の際にストライダーでなくても出場できるレースがあると教えて頂き、その流れで2012年9月にツインリングもてぎで開催されたストライダーエンジョイカップに参加したのが初レースです。   Q6.ランバイクレースでの結果はどうでしたか?  はじめてのレースで優勝させてもらい、一気にハマりました。そのうえでレースをするのを目的にストライダーを買い直しました。レース出場回数は200戦以上でトロフィーを数えるだけでも100回以上の優勝があるようです。RCSだけでも5年間で61回の出場がありますが、RCSの優勝回数は5回と親が運営ということもあってかなり相性が悪いです(笑)   Q7.ランバイクをやっていてよかったと思うことはなんですか? 多くの例に漏れず身体能力がとても高くなりました。とりあえず今年4年生になりましたが、学年で一番足が速いです。あとは練習に向かう姿勢ですね。そこは練習しないとうまくならないのを知っていることはメリットになりました。   Q8.ランバイクをやっていたことが、その後に取り組んだり、今されているスポーツにどのような影響をもたらしましたか? 体力面においてはポケバイにはあまり効果はなく、二輪の乗り物といってもブレーキとアクセ流のあるモータースポーツは乗り方も大きく違うので、技術や体力という意味ではあまりアドバンテージはありませんでした。ですが前項でも上げたとおり「練習へ取り組む姿勢」は周囲とは違う場合が多かったので、その面だけでも大きなメリットになりました。   最後に 2015年から、ランバイクとポケバイの二刀流で、結果を残してきた理智選手。2016年には、ポケバイでも1勝目をあげています。ランバイク競技を卒業した現在、常にMotoGPチャンピオンになるためには?の逆算から行動をしている高平親子は、2018年後半にはポケバイのシリーズ戦にも復帰参戦予定です。シリーズ戦の走り次第では来年にも異なるステージでのチャレンジを検討しているとのこと。RB.chでは、継続的に理智選手のレース結果等をレポートしていきます。   ランバイクを全てのスポーツの始まりに。
RB.ch厳選!ベストレースセレクションvol.3 第1回オマリーズカップ 5歳A決勝 - ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイト
圧巻のコーナリング!! vol.3は第1回オマリーズカップ5歳決勝レースから。 日々の努力が生んだ圧巻のコーナリングは、第1コーナーを取れなくても勝負ができることを示してくれたレースに。   ランバイクを全てのスポーツの始まりに。
RB.ch厳選!ベストレースセレクション【vol.2】RCS 2017第12戦 7.8歳A決勝 - ランバイクチャンネル – ストライダーやキッズバイク等、ランバイクファンのための情報発信サイト
現役ラストレースでRCS初優勝!! 6歳間近から本格的に練習を始めたカメオカ ヒカル選手 RCS連続26レース目のチャレンジが2017年最終第12戦。 ビリからはじまったストーリーは第11戦で初の表彰台、最終第12戦で初優勝という有終の美で完結。 世界最速最高峰の7.8歳クラス、必見です。
トップ選手のレース直前ルーティーン 本日は、すでにレースを卒業した元トップ選手2人のレース直前ルーティーンを紹介します。 国立 和玖 選手 ①毎朝必ずR1(ヨーグルト)を飲む ②レース日までに、耳鼻科で耳掃除をしっかりやる ③レース前にアミノ酸を摂取する ④レース前に家族で円陣をくむ ⑤スタート前にガッツポーズをする →レースに勝つ自分をよりリアルにイメージするため ヨシッ! と実際に声を出して行うのが大事 レース前のルーティーンではないですが、レース後に食べるものやお店はワク選手が決めていたようです。 また、レース後日には必ず整体に行き身体のメンテナンスを欠かさず行っていたそうです。 高平 理智 選手 ①レースにむけた走り込み練習は1週間前まで ②軽い負荷の練習も3日前に終了 →疲労をレース当日に残さないため 土曜日レースの場合は木曜と金曜は完全休養 ③前日の夜は炭水化物中心の食事でエネルギー補給 ④レース当日はレース2時間前までに、 食事と静的ストレッチを終わらせる →静的ストレッチをすることで、一時的に筋力が低下 するという考えから実施 食事についても、消化をする際にエネルギーを必要 とするため、レース時に走る事以外にエネルギーを 使わないという考えから実施 トップ選手であり続けた理由の一端が、 こういった準備に隠れていると感じます。 2家族それぞれアプローチの仕方が異なるため、 実際のルーティーンは異なりますが、 選手がベストを尽くせる環境作りの徹底 といった部分は共通していました。 参考にしてみては如何でしょうか。 ランバイクを全てのスポーツのはじまりに。 RunBike.ch
大会・レース名 ULTRiders CUP 開催日 2018年8月19日 開催場所 福島空港 参加年齢/クラス A-1 初心者体験レース(参加賞つき) 36名 (大会未経験者の幼児・児童) R-1 U-2クラス(満2歳クラス) 18名 R-2 年少(満3歳)クラス 18名 R-3 年中(満4歳)クラス 18名 R-4 年長(満5歳)クラス 18名 S-1 小学1年生クラス 18名 S-2 オープンクラス(小学生以下) 18名 エントリー エントリー費:2,500円 /初心者体験レース 1,000円) エントリー期日:~まで ※詳細は変更になる可能性があります。 最新情報やエントリーについてのお問い合わせは各大会の【公式サイト】をご確認ください。 公式サイト https://www.facebook.com/events/187679951865417/
大会・レース名 AEONMALL GP 2018 イオンモール幕張新都心大会 開催日 2018年7月14日 開催場所 イオンモール幕張新都心 GRANDMALL前 豊砂公園 特設スペース 参加年齢/クラス 全7クラス ①2歳クラス ②2歳はじめて(初心者向け) ③3歳クラス ④3歳はじめて(初心者向け) ⑤4歳クラス ⑥5歳クラス ⑦OPENクラス(小学校3年生以下) エントリー エントリー費:3000円 エントリー期日:~2018年7月6日まで ※詳細は変更になる可能性があります。 最新情報やエントリーについてのお問い合わせは各大会の【公式サイト】をご確認ください。 公式サイト https://www.bambinifesta.com/10-22
大会・レース名 第7回 MOMOTARO RIDERS CUP 開催日 2018年7月1日 開催場所 岡山ドーム 参加年齢/クラス 2歳男女混合クラス 3歳ボーイズクラス 3歳ガールズクラス 4歳ボーイズクラス 4歳ガールズクラス 5歳ボーイズクラス 5歳ガールズクラス 6歳ボーイズクラス 6歳ガールズクラス エントリー エントリー費:3,500円 エントリー期日:2018年5月26日~2018年6月3日まで ※詳細は変更になる可能性があります。 最新情報やエントリーについてのお問い合わせは各大会の【公式サイト】をご確認ください。 公式サイト https://ameblo.jp/momotaroriderscup
大会・レース名 MOMOTARO STEP UP CHALLENGE 戌の陣 開催日 2018年6月30日 開催場所 岡山ドーム エントリー エントリー期日:2018年4月28日~2018年5月6日まで ※詳細は変更になる可能性があります。 最新情報やエントリーについてのお問い合わせは各大会の【公式サイト】をご確認ください。 公式サイト https://ameblo.jp/momotarostepupchallenge

Tags

Ranking

Twitter

ツイッターで新着記事をツイートしてます。ご意見・ご感想やアイデアなども随時募集中!

Link

あなたのブログでぜひ「みんなのストライダー」をご紹介ください。詳しくはこちら

みんなのストライダー

Thanks to

top of page